2005年04月19日

正直一番のはずが・・・

今日の朝の会の、先生の話のときのことです。
2年生の子供たちに、正直に生きることの大切さを説きたいと思いました。

そこで、まず、私の好きな言葉を教えてやろうと思って、黒板に「正じき一番」と書きました。



2年生ということで、正直の直という字は習っていませんから、ひらがなで書きました。
番という字も習っていませんが、これは読めるのではないかと、勝手に考えていました。

「はい、みなさん、一斉に読んでみましょう。
 さん、はい。」

続きを読む
posted by 親野智可等 at 00:18| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。