2005年05月12日

家庭訪問は絶対必要

このブログは「親力で決まる子供の将来」と連動しています。
http://www3.tokai.or.jp/keichan/
http://www.mag2.com/m/0000119482.htm

去年の私のクラスでも今年の私のクラスでも、メルマガとグログを読んでくれている方が
増えてきました。


それで、家庭訪問にうかがうと、もうばっちり私への対策ができているお宅もありました。

「先生、ほらほら、家族写真ばっちりでしょ?」

以前メルマガに家族写真のことを書いたのをお読みになって、傾向と対策がばっちりです。

読んでくれるだけでなく、実際にやってくれているのが分かり、とてもうれしかったです。

本へのサインも頼まれて、喜びつつも、字が下手なのが悔やまれました。

ところで、家庭訪問は、子供理解のためになくてはならないものです。

子供が実際に生活している家庭を見ることで、個々の子供への理解がぐんと深まります。
続きを読む
posted by 親野智可等 at 00:22| Comment(9) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月11日

家庭訪問の地図

このブログは「親力で決まる子供の将来」と連動しています。
http://www3.tokai.or.jp/keichan/
http://www.mag2.com/m/0000119482.htm

家庭訪問の真っ最中です。
1日8件くらいお邪魔しています。


1件当たり10分の予定です。
そして、移動時間が5分です。

私の勤務校は学区が広いので、自動車で回ります。
昨日と今日はお天気がよくて助かりました。

去年は、土砂降りでしかも横殴りの大雨という日がありました。
おかげで、その日はずぶ濡れでした。

家庭調べという紙にそれぞれの家の地図を描いてもらってあるので、それを元に家を探します。

でも・・・すみません、はっきり言わせてもらいます。
続きを読む
posted by 親野智可等 at 02:49| Comment(17) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月10日

誰も自分のことは分からない・・・2

このブログは「親力で決まる子供の将来」と連動しています。
http://www3.tokai.or.jp/keichan/
http://www.mag2.com/m/0000119482.htm

角が立たずに素直に聞いてもらう言い方はないかな?
「ちょっと騒々しいんですが・・・」では、だめだな・・・


「もう少し、静かな方がいいと思いますよ」でも、ためだな・・・
「静かなお店ですね」は、嘘っぽいかな・・・

ええと、プラス思考の言い方は・・・
「静かだとお客がもっと来るよ」

ううん、ますます変だな・・・
大人に言うのは難しいな・・・
続きを読む
posted by 親野智可等 at 00:57| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月08日

誰も自分のことは分からない

このブログは「親力で決まる子供の将来」と連動しています。
http://www3.tokai.or.jp/keichan/
http://www.mag2.com/m/0000119482.htm


今日は、床屋さんに行って来ました。
私が子供の頃から行っている床屋さんなので、もう何も言わなくても、完璧にやってくれます。

私の髪の毛には一部変な癖があります。
後頭部の一番下の首に近いところで、髪の毛が上向きに生えてくるのです。

それで、そこの部分はちょいと短めにしてもらっています。
そうしないと、少し長くなったときに、その部分が盛り上がってしまうのです。

その床屋さんは、そういう癖も熟知しているので、うまくやってくれます。
それと、店の中が静かなのがいいです。

主に親子2人でやっていらっしゃるのですが、2人とも大人しい方なのです。
それで、とても静かで落ち着きます。

以前、ちょっと理由があって他の床屋さんでやってもらったことがありました。
続きを読む
posted by 親野智可等 at 22:41| Comment(5) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月07日

今時の子供の変な日本語

このブログは「親力で決まる子供の将来」と連動しています。
http://www3.tokai.or.jp/keichan/
http://www.mag2.com/m/0000119482.htm

子供たちが遣う日本語には変なものがいっぱいです。
ときどき、こう聞かれます。


「先生、今日は何時間目?」
これを通訳すると、こういう意味です。

「先生、今日は何時間授業ですか?」
または、
「先生、今日は何時間目までですか?」

次のような言い方もしょっちゅう聞きます。
「お風呂に入ると、キモチイ」
続きを読む
posted by 親野智可等 at 22:34| Comment(7) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大豆の植え替えをしました

このブログは「親力で決まる子供の将来」と連動しています。
http://www3.tokai.or.jp/keichan/
http://www.mag2.com/m/0000119482.htm

1つお願いです。
このブログの記事に無関係のトラックバックは、ご遠慮ください。

今日は3連休の後の一日で、こういう日は子供たちの状態はあまりよくありません。
おまけに朝から雨が降りそうでしたから、なおさらです。

こういう日は、全体的にだらだらしています。
大人もそうですから、仕方がありません。

今日は、朝一番に、全校朝礼がありました。
校長先生が、新しく赴任した講師の先生の紹介をしてくれました。

大学を出たての若い男の先生です。
子供たちは、興味津々といった感じです。

朝礼の後、朝の会をやってから国語の勉強の予定でした。

でも、急遽変更して、黒ポットで育ててきた大豆を生活科の花壇に植え替えることにしました。

というのも、今にも雨が降ってきそうだったからです。

5時間目に予定していましたが、それまでお天気がもちそうにありません。
朝の会もやらずに、植え替えです。

続きを読む
posted by 親野智可等 at 02:57| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月05日

第11回・親力診断テストが掲載されました

このブログは「親力で決まる子供の将来」と連動しています。
http://www3.tokai.or.jp/keichan/
http://www.mag2.com/m/0000119482.htm


まぐまぐのホームページに第11回・親力診断テストが掲載されました

[ 問題 ]

我が子は、3年生にもなるのに忘れ物が多くて困っています。
毎日何か1つは忘れ物をしています。

ひどいときには、4つも5つも忘れて、先生からも嘆きの手紙をもらってしまいました。

昨日も、理科の実験で使うペットボトルを忘れてしまい、1人だけ実験ができなかったようです。

あなたの行動は、次のどれに近いですか?


A 一緒に明日の仕度をする

B 自分で仕度をさせてから、親が確認する

C 忘れたら自分が苦労することを分からせるために、手は出さない


D 先生に頼んで、忘れ物があったら厳しく叱ってもらう


診断はこちら
↓↓↓↓
http://jr.mag2.com/education.htm


続きを読む
posted by 親野智可等 at 20:52| Comment(7) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月04日

パソコンが不調です

このブログは「親力で決まる子供の将来」と連動しています。
http://www3.tokai.or.jp/keichan/
http://www.mag2.com/m/0000119482.htm


今日は、パソコンが不調でした。
今日は、原稿を書きためたり、メールの返事を書こうと思っていたのに・・・(涙)

メルマガを始めて約1年と半年ですが、その間、パソコンを酷使してきました。

私が今使っているのは、ノートパソコンです。
東芝のダイナブックSSという片手で持てる軽量タイプです。

いろいろと使い勝手がよくて、重宝してきました。

でも、この頃、どうも調子がよくありません。
特にメモリーが限界のようです。

メモリーを増設しようと思ったら、もうそのメモリーは製造していないと言われてしまいました。

続きを読む
posted by 親野智可等 at 21:52| Comment(3) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月03日

メルマガの読者が17000人になりました

無料メールマガジン「親力で決まる子供の将来」の読者が4月25日に17000人になりました。
http://www.mag2.com/m/0000119482.htm

このメルマガは、2003年10月31日に約600人の読者でスタートしました。
その後、2004年4月16日に読者数が5000人になりました。

そして、同年9月18日に10000人になりました。
そして、2005年2月7日に15000人になりました。

そして、この4月25日に17000人になりました。
児童教育関係メルマガの中にあって、既に記録的な数字といえると思います。

でも、よく考えてみると微々たる数でもあります。
続きを読む
posted by 親野智可等 at 21:06| Comment(8) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月02日

遠足に行きました・・・5

無事学校に帰ってきたときは、私はもうへとへとでした。

2年生の子供のスピードに合わせて歩くのは、大人にとってはかなり疲れることなのです。

この後、学年の花壇を耕すことになっています。
でも、このままでは、とても無理です。
昼休みもなかったし、もう体力の限界です。

それで、保健室のベッドで15分ほど寝させてもらうことにしました。
携帯電話で目覚ましをセットして、寝ました。
続きを読む
posted by 親野智可等 at 18:38| Comment(3) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月01日

遠足に行きました・・・4

これは今年のことではなく、1年生を担任していたときのことです。

遠足でお菓子を貰いまくる私を見て、ある1年生の女の子が言いました。

「先生、いいなあ」
「いいでしょう」

「私も先生になりたいな〜」
「えっ?」
「先生になればお菓子をみんなにもらえるから」

これが動機で先生になったらすごいですね。

今年は、こういう面白いことを言ってくれる子はいないのかなと思っていたら、もっと面白いことがありました。

続きを読む
posted by 親野智可等 at 21:54| Comment(1) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。