2005年06月05日

鉛筆の持ち方は悲惨の一言

読者増加を目指して、人気ブログランキングに参加しています。
ぜひ、清き1票をお願いいたします。

↓↓↓↓
http://blog.with2.net/link.php?77079

「う〜ん・・・予想取り、ひどい結果だな」
「まあ、毎年のことだけど」


と、授業中に心の中で嘆く私でした。
何を嘆いていると思いますか?

それは、ずばり、鉛筆の持ち方です。
今年受け持っている2年生の子供たちの、鉛筆の持ち方を調べたのです。

2年生32人を調べた結果は、まったく悲惨の一言です。
正しく持てている子はただの1人です。

私は毎年調べていますが、いつも驚いていしまいます。

ですから、今さら驚かないはずなのですが、それでもやはり改めて驚いてしまうのです。

ただの1人も正しく持てていないという年もあります。
続きを読む
posted by 親野智可等 at 20:15| Comment(14) | TrackBack(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。