2005年06月19日

子供の靴選びは慎重に

このブログは「親力で決まる子供の将来」と連動しています。
http://www3.tokai.or.jp/keichan/

「どう?この靴は・・・」
「なんだか形が辺だな」

「そう?じゃあ、これはどう?」
「ううん、色がなあ・・・」

「どれがいいかねえ?」
「おっ、これはどうだやあ」

「それは女物ですけど」
「おっ、そうかあ?」

という会話は、私と父親が靴屋で靴を選んでいる様子です。

父の日のプレゼントは何がいいかと父親に聞いたら、靴が欲しいとのことでした。
そこで、2人で買いに来たのです。

やっと気に入ったのが見つかりました。

そして、その後、サンダルもついでに買おうということになって、父親は別のコーナーに探しに行きました。

私はまだその辺でブラブラしていました。
すると、そこへ親子の3人連れがやってきました。

続きを読む
posted by 親野智可等 at 22:46| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。