2005年06月21日

父の日に、お父さんと遊んであげました

朝の会でやっている子供たちのお話作文が、だんだん面白くなってきました。

毎年、始めたばかりの頃は、それほど面白くないのです。
でも、回数を重ねるうちにだんだん面白くなっていくのです。

これが、私の楽しみですらあります。

今日のお話作文で、ある女の子がこう言いました。
「昨日は父の日だったので、お父さんと遊んであげました」

でも、ハハハと笑ったのは私だけでした。
子供たちは、「よかったね」などと言って済ませてしまいました。

この一言に、特に反応がありませんでした。

月曜日の朝なのでまだ頭が働いていなくて、よく聞いていなかったののか?

それとも、お父さんというのは、既に「遊んであげるべき存在」なのか?

その後、職員室でこの話をしたら、大爆笑でした。

読者増加を目指して、人気ブログランキングに参加しています。
ぜひ、清き1票をお願いいたします。
↓↓↓↓
http://blog.with2.net/link.php?77079

無料メールマガジン「親力で決まる子供の将来」は、
メルマガ大賞の「学校・教育」部門賞を受賞!!しました。
家庭教育メルマガ最高の18000人達成。
http://www3.tokai.or.jp/keichan/

書籍「『親力』で決まる!」(宝島社)発売中。
http://tinyurl.com/5d4eo

まぐまぐのHPに親力診断テスト連載中。
http://jr.mag2.com/oyaryoku/index.htm
posted by 親野智可等 at 01:30| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。