2005年08月20日

3×5と5×3

拙著第2弾「『プロ親』になる!」が予約受付中です。
http://tinyurl.com/a226e

TOMOははさん、いつもありがとうございます。

「3×5」と「5×3」の違いは、実物を使って教えるのが一番だと思います。

1枚の皿にあめ玉を3個乗せて、それを5枚分用意します。

それで、全部で何個かと聞きます。

すると「3×5」で、答えは「15」。
その単位は「個」となりますね。

その単位が枚ではないということがよく分かるのではないでしょうか?

「5×3」の方も、同じようにやって見せて違いを分からせたらどうでしょうか?

以上のように、具体的な実物を用意するのが一番と思います。


「彼の特徴の、当たり前のルールを
素直には(何も考えずに)受けいれられない…」

私も子供の頃そうでした。

ルートの意味や、−2×−3=6ということの意味がどうしても納得できずに悩みました。

者増加を目指して、人気ブログランキングに参加しています。
ぜひ、清き1票をお願いいたします。
↓↓↓↓
http://blog.with2.net/link.php?77079


星座かるた
↓↓↓↓
http://www.rakuben.com/

無料メールマガジン「親力で決まる子供の将来」は、
メルマガ大賞の「学校・教育」部門賞を受賞!!しました。
家庭教育メルマガ最高の20000人達成。
http://www.oyaryoku.jp/
posted by 親野智可等 at 13:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。