2005年05月12日

子供は家庭訪問をどう思っているか?

このブログは「親力で決まる子供の将来」と連動しています。
http://www3.tokai.or.jp/keichan/
http://www.mag2.com/m/0000119482.htm

家庭訪問に対する子供たちの反応は様々です。
朝からそれが気になって気になって仕方がない子もいます。


ある女の子は、私が朝教室に入ったらすぐやってきて言いました。

「今日、先生、あたしんち来る?」
「はい、行きますよ」

「ああ、どうしよう!」
「どうする、どうする!」

「ああ、緊張する」

1時間目が終わったら、その子はまたやってきて言いました。

「あたしんち、何時に来るんだっけ?」
「ええっと、○○さんちは、○時半だね」
「ああ、どうしよう!」


「ハハハ。緊張する?」
「ああ、困った、困った」

「なんで?」
「だってえ〜・・・」

「なんで困るの?」
「あたしお茶出すの」

「オオッ!ありがとう」
「ああ、緊張する」

2時間目が終わったら、またやってきて言いました。

「先生、お母さんになんて言う?」
「なんて言おうかなあ」

「がんばってますって言ってくれる?」
「もちろん言うよ」

「ああ、よかった」
「○○さん、がんばってやっていますって本当のことを言うよ」

「仕事が遅いですって言う?」
「言って欲しい?」
「やだ、やだ」

そうかと思えば、家庭訪問なんて知らないよという感じの子供もいます。

「今日、○○君の家に行くよ」
「えっ、そうだっけ?帰ったらお母さんに言っておくよ」

「もうお知らせの紙を前に分けたから、お母さんは知ってるよ」
「あっ、そう?じゃ、いいじゃん」

と言うが早いか、さっさとドッジボールをやりに行ってしまいました。


ここまでお読みいただきありがとうございます。
人気ブログランキングに参加していますので、
ぜひ、清き1票をお願いいたします。
↓↓↓↓
http://blog.with2.net/link.php?77079

無料メールマガジン「親力で決まる子供の将来」
メルマガ大賞の「学校・教育」部門賞を受賞!!
家庭教育メルマガ最高の17000人達成。
http://www3.tokai.or.jp/keichan/
http://www.mag2.com/m/0000119482.htm

22年の教師経験から、効果抜群の子育て、家庭教育、学校教育、勉強、学力低下、受験、しつけについて提案しています。
http://www3.tokai.or.jp/keichan/
http://www.mag2.com/m/0000119482.htm

書籍「『親力』で決まる!」(宝島社)も発売中。
http://tinyurl.com/5d4eo

まぐまぐのHPに親力診断テストも連載中。
http://jr.mag2.com/oyaryoku/index.htm

posted by 親野智可等 at 22:23| Comment(9) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
家庭訪問も、大きな意義はもちろんあると思います。

国や文化も違えば、それはそれぞれで
あいだみつをさんの言葉にも

『みんなちがって みんな いい』というのがあったと思います。

つい人は、自分の見方考え方しかできないので
いろいろ摩擦が生じるのでしょうね。

その上で、でもそれを恐れずに
人と人とが関わる事を意識したら
きっと、お互いを理解する事ができるのかもしれません。

そう信じて、お話したり行動できるように
私もなりたいです!!

5/12のむらのかじやさんへの続きの
つもりでコメントしました。

話は戻りますが、
ウチは、おかげさまで担任の先生と
普段からカナリいろいろお話させていただいているので
(あまりわずらわしく思われないよう
これでも、気を付けながら…)
家庭訪問はまあ良いかと、思っています。

先生からご覧になって
気になるお子さんの保護者の方が
なかなか懇談会などにはいらっしゃらないという
ことがあるのではありませんか?

いろいろなご事情もあるでしょうから
それをあれこれ私などが言ってはならない事は
承知しております。

皆が皆そうだというつもりも、もちろんありません。

だからこそ皆さんに『親力』のことを知っていただきたいと
私もつくづく思っています。

私も意識して、先生が
「こんなこと、ほめていらしたよ。」と
子どもに言う事があります。

智可等先生のお話を参考に
まあ、こちらもある意味で作戦を
いろいろ考えるのも(余裕があるときは)
楽しいものです。

チョットおせっかいで
一言多いのは、母親ゆずりなのか、なかなか直りません。
できたら、笑ってお許し下さいませ。

言葉に愛は込めているつもりです。

“秘すれば花”とは思いつつ
でも、おしゃべりしてしまいました。
Posted by TOMOはは at 2005年05月13日 06:32
トラックバックの対策ですが,もし可能なら一時的にトラックバックを受け付けない設定にされたらいかがでしょうか?私がいつも利用しているところも以前アラシにあってトラックバックだけを閉鎖していました。
多分管理ページにチェックする項目があると思います。

取り急ぎ用件のみにて失礼します。

毎日読んでますよ〜
Posted by 花子 at 2005年05月13日 06:54
こんにちは。
ウチも、もうすぐ家庭訪問です。

ウチの学校は訪問時間10分足らず、玄関でのお話だけなので、あまり負担にはなりません。
それでも、私も家庭訪問はするほうがいいと思います。
以前私も教育に携わる仕事をしていましたので、その子の育った環境を少しでも覗くのは、その子を知る上で、とても重要な手がかりでした。
送り迎えのある幼稚園ならまだしも、学校は親と教師が顔を合わせる時がありませんから、少しでも会うことによって、相互理解が出来ます。又個人的に会うと、親近感も増しますよね。
1年間大切な子どもを預ける先生ですもの、いろいろお話しといたほうがいいと私は思ってます。

娘も、先生が自分の家に来てくれることをとても楽しみにしていますよ。

さあ、先生に話したいこと考えとこ〜っと。
Posted by のんきかあさん at 2005年05月13日 15:43
う〜ん…私って才狽ネいのかなぁ…ほかの人の見てると
自信なくなっちゃう…
Posted by ぴゅあてぃ。 at 2005年05月13日 22:32
面白いブログですね、これから見に来ます^^
Posted by (゚▽゚*) at 2005年05月13日 22:56
はじめまして、いろんなところをまわってここに行き着きました。
またきますね。
Posted by (*´・д・)(・д・`*) at 2005年05月13日 23:14
感動しました。こんなブログ書けるなんてすごいです!!
Posted by はなちゃん at 2005年05月13日 23:41
最近ブログ更新以外やることないのは私だけですか…。
Posted by あくえりあす。 at 2005年05月14日 00:05
見所満載!見るなら今がチャンス!?
Posted by 愛たん at 2005年05月14日 00:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3597379
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

闇の中の光
Excerpt: イツカラこんなになっちゃったんだろうっ?! 取り敢えず、何とかなってたんだけどなぁ。。。 そんなことを考えてる奴らは大勢いるはずだ。 俺もその内の一人だからなっ。 ここしばらく、落ちていくスピー..
Weblog: 何でもメッタ切りぎりすッ!
Tracked: 2005-05-13 09:22

や!八橋!
Excerpt: 大注目若手新人バンド[NO NAME DESIGN]のヴォーカルのつづる等身大の日記。 すげぇもんを手にいれたんだ!とにかく見て☆笑
Weblog: 人生衝突
Tracked: 2005-05-13 20:02

ホントに助かった;
Excerpt: 突然の出来事! 我が家には、1歳になったばかりの娘がいる。 という事は・・・1年と6ヶ月前の話だ。 その頃は、ただ何となく生きていた気が怜 何となく一人暮らしして、何となく彼女と..
Weblog: −ぷちくれ−
Tracked: 2005-05-13 20:53
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。