2005年05月17日

朝の会で朝の歌を歌っています・・・2

このブログは「親力で決まる子供の将来」と連動しています。
http://www.mag2.com/m/0000119482.htm

(続き) 

でも、歌ってみると考えが変わりました。


職員室で、全職員で「ビリーブ」という歌を歌っているとき、「ああ、いい気持ちだな」と思ったのです。

そして、だんだん心がほかほかしてきて、嬉しくなってきました。

朝、みんなで歌を歌うのは、なんて気持ちがいいのだろうと実感したのです。

でも、不思議です。

それまでも、クラスで朝の歌を歌っていたはずなのに、そういうことはあまり感じなかったのですから。
それは、なぜかと考えました。
そして、気が付きました。


クラスで子供たちと歌っているとき、自分は楽しんでいなかったのだということに。

クラスで歌うときは、子供たちにしっかり歌わせなくては、という意識が強かったのだと思います。

誰がしっかり歌っていて、誰がしっかり歌っていないかなどを、チェックしながら自分も歌っているという状態だったのです。

ですから、自分が歌を楽しむという状態にはなかったのです。

職員室で朝の歌を歌っているときは、人がしっかり歌っているかなど気にしなくていいので、気持ちよく歌えたのです。

この経験から、私は次のことをいつも覚えておくことにしました。

朝の歌には、ちゃんと意味がある。
それは、朝からいい気持ちになるためのものである。

クラスでの朝の歌を、自分自身も楽しむようにしよう。
1ということで、今も毎日楽しんで歌っています。


ここまでお読みいただきありがとうございます。
人気ブログランキングに参加していますので、
ぜひ、清き1票をお願いいたします。
↓↓↓↓
http://blog.with2.net/link.php?77079

無料メールマガジン「親力で決まる子供の将来」
メルマガ大賞の「学校・教育」部門賞を受賞!!
家庭教育メルマガ最高の17000人達成。
http://www.mag2.com/m/0000119482.htm

書籍「『親力』で決まる!」(宝島社)発売中。
http://tinyurl.com/5d4eo

まぐまぐのHPに親力診断テスト連載中。
http://jr.mag2.com/oyaryoku/index.htm
posted by 親野智可等 at 20:40| Comment(11) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このブログをみなきゃ損する!
見るだけならただ!
Posted by (゚∞゚) at 2005年05月17日 23:26
幼稚園に勤めていたころ、やはり朝は歌から始まりました。
園歌に始まり、季節の歌を2曲ほど。
でも子ども達はそれだけでは終わらないのです、「つぎはOO!」「こんどはOO!」という具合に、次から次へと。
そう、子どもって、歌うことが大好きなんですね。歌って体を温め、気持ちを高めてるのかもしれません。

自分が中学のとき、合唱コンクールで優勝したのを思い出しました。クラス全員がひとつにまとまって、歌に入っていく。
自然と涙が流れました。

歌うって、気持ちがいいものです。
Posted by のんきかあさん at 2005年05月17日 23:28
幼稚園に勤めていたころ、やはり朝は歌から始まりました。
園歌に始まり、季節の歌を2曲ほど。
でも子ども達はそれだけでは終わらないのです、「つぎはOO!」「こんどはOO!」という具合に、次から次へと。
そう、子どもって、歌うことが大好きなんですね。歌って体を温め、気持ちを高めてるのかもしれません。

自分が中学のとき、合唱コンクールで優勝したのを思い出しました。クラス全員がひとつにまとまって、歌に入っていく。
自然と涙が流れました。

歌うって、気持ちがいいものです。
Posted by のんきかあさん at 2005年05月17日 23:29
三年生の女の子の母です。二年生の時の担任の先生は、朝の歌や授業の中でギターやウクレレを弾いてくれる方でした。先生自身も楽しんでいたらしく、子供達の様子からも窺い知ることができました。その先生の転任が決まったとき、娘は泣いていました。一年の担任の先生とのお別れの時にはないことでした。三年生になり、今度の担任の先生は50歳くらいで、ベテランの先生かと思いきや・・・。不慣れさが、子供の様子や連絡帳、その他から伝わってくるので、知り合いの先生に聞いてみると、講師の先生ということでした。子供に対しては一生懸命取り組もうとなさっているようですし、娘も早く先生と仲良くなりたい
からと、毎日何かと話しかけたりしているようなので、じっと見守りたいと思っていますが、今でも娘の方から、二年生の担任の先生の話はよくでるんです。毎朝の歌や先生のギターやウクレレが、娘の心に深く残っているんでしょうねぇ。
Posted by 萌はは at 2005年05月18日 01:06
こんにちは。
時代は変わっても、世の中どんなに便利になっても
人間である事は変わらない。
ただ、人間は人間としての躾や勉強を教えてもらわなければ
人間にはなれないんですよね。
家庭教育がなされてない子が増えたのとプロ意識のある先生が減った事が現代の抱える問題に繋がっているように思います。
努力している先生、生徒の為に考えてくれる先生、そして一緒に歩んでくれる先生は何も言わなくても生徒がついてきます。
それが信頼であり、尊敬というものですよね。
親野先生の楽しさは言葉にしなくても子供に伝わります。
Posted by 音菜 at 2005年05月18日 06:56
ほんとうに歌はいいですよね。

毎年秋に“歌のつどい”という行事があり
私達は、去年初めてでしたが
『ビリーブ』の合唱は
ほんとうに、心に響きました。

また6年生全員による『ジュピター』の合奏も
迫力があって、6年間の成長を感じる
素晴らしいものでした。

メロデイーと言葉の力とハーモニー…

歌のもつ優しくて強い力を感じます。

ところで“みんなちがって みんな いい”は
かねこみすずさんだったかもしれません。

まあどちらでも、いいといえば いいのでしょうか…?




Posted by TOMOはは at 2005年05月18日 07:00
みんな違って・・は金子みすゞさんですね。
歌には心を解放させる力があるような気がします。よく鼻歌を歌いながら家事をしていることがありますが、そんなときって頭の中を空っぽにして、歌う気持ちよさに身をゆだねているような気がします。
無意識にそうなれるのはすごいなって今初めて気づきました。
そして、歌はなぜか思い出とセットになって、その歌を習った頃、はやった頃、よく聴いていた頃の情景が浮かんできますよね。子供たちもいつか今歌っている歌を、何年も何十年も後にふと耳にしたとき、小学生だった頃の楽しかった記憶がよみがえるのかな??
Posted by haha3 at 2005年05月18日 09:30
「ビリーブ」良い歌ですよね♪

この3月に幼稚園の年中児の受け持ちの先生がお辞めになり、送別会で子供と一緒に歌いました。

最初は年中さんには難しすぎる選曲だと思いましたが、
予想に反し、息子は初日に歌詞を暗譜し、
それから春休みが終わっても、GWが過ぎても、
未だに子供が鼻歌で歌っています。

毎日歌っているうちに更に好きになったようです。
(字の読めない3歳の娘も
 私とお兄ちゃんの歌うのを聞いて
 自然に覚えてしまったようで
 送別会で一緒に歌っていました)

素敵な歌には年齢は関係ないんですね。
Posted by ミューズ at 2005年05月18日 18:21
うちの保育園の子供達もビリーブをうたっています。
ゆずりんも好きです。
Posted by 心のつながりコーチ at 2005年05月18日 19:15
うちの保育園の子供達もビリーブをうたっています。
ゆずりんも好きです。
Posted by 心のつながりコーチ at 2005年05月18日 19:15
うちの保育園の子供達もビリーブをうたっています。
ゆずりんも好きです。
Posted by 心のつながりコーチ at 2005年05月18日 19:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

1歳児がお留守番!? ??おドジ06??
Excerpt: 旦那からは、生きるドジ神様、子供からは、ドジ星人と呼ばれる私・・・ ふーん、全然気にしないモンねーだー さて、今日のこドジ、行ってみよー 保育園のママ友(5歳児A君と1歳児F君を持つ)からメ..
Weblog: ドジログ
Tracked: 2005-05-17 23:57

"となりのトトロ”と私
Excerpt: ”となりのトトロ”が一番好き! 宮崎駿・監督のアニメ作品は必ずヒットし、映画評論
Weblog: 美しい日本
Tracked: 2005-05-18 01:19

クリスタルチルドレン-感性豊かな愛と光の子どもたちのオーラ
Excerpt: クリスタルチルドレン感性豊かな愛と光の子どもたちのオーラ身近で感じたクリスタル・チルドレンのオーラは一種独特。とても繊細な周波数ゆえか、オパールカラーの小さな、柔らかなガラスの破片のようなホログラフィ..
Weblog: ワンダー赤い風船
Tracked: 2005-05-18 17:42
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。