2005年05月20日

「先生、気が狂う」の巻・・・2

このブログは「親力で決まる子供の将来」と連動しています。
http://www.mag2.com/m/0000119482.htm

私は、自分がこの踊りが大好きなので、率先してやります。
子供たちは、いろいろです。


2年生ながらに、恥ずかしがって激しくできない子もいます。
私以上に激しく狂ってしまう子もいます。

でも、どの子もやっているうちにだんだん激しくできるようになってきました。

最初に比べると、かなり激しくなってきました。
ある意味ストレス解消にもなります。

もちろん、運動にもなります。
一生懸命やると、終わった後は、ハーハーするくらいです。

ある日、朝の会で2年生の子供たちとこの踊りを踊りまくっているときに、去年の教え子たちが教室の前を通りました。

今年5年生のその子たちは、何事が起こったのかと覗いていました。

去年の担任の先生の不思議な踊りを、呆気にとられたように見ていました。

とうとうおかしくなったか、という感じで見ていました。

「せんせ〜い、だいじょうぶ?」
「どうしちゃったの?」
などと言っていました。

終わってから少し話をしました。

私「どう?楽しそうでしょう?」
5年生「へ〜んな踊りだね」

私「すごく楽しいんだよ」
5年生「子供みたい」

私「今年は2年生だからね」
5年生「子供はいいね、気楽で。5年生はいろいろ大変だよ」

私「5年生も子供でしょ?」
5年生「あ〜2年生くらいに戻りたい」


ここまでお読みいただきありがとうございます。
人気ブログランキングに参加していますので、
ぜひ、清き1票をお願いいたします。
↓↓↓↓
http://blog.with2.net/link.php?77079

無料メールマガジン「親力で決まる子供の将来」
メルマガ大賞の「学校・教育」部門賞を受賞!!
家庭教育メルマガ最高の17000人達成。
http://www.mag2.com/m/0000119482.htm

書籍「『親力』で決まる!」(宝島社)発売中。
http://tinyurl.com/5d4eo

まぐまぐのHPに親力診断テスト連載中。
http://jr.mag2.com/oyaryoku/index.htm
posted by 親野智可等 at 03:25| Comment(9) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先生が率先して踊り狂っている光景が手に取るようにわかります。あぁ、ほんとに、すごい!うちの子供達(17,12,8)も親野智可等先生に教えてもらいたかった。私自身が子供のとき先生に出会えてたら嬉しかったのに。。なんて思ってしまうくらい。でも、今、先生に出会えただけでもまだ遅くないですね。ありがとうございます。
Posted by よっしー at 2005年05月20日 07:04
2年生は、それはもうホントに子どもですよ…
当たり前といえば当たり前なんですけれど。

それに対して個人差は当然あるでしょうが
5年生6年生は、大人とはいえなくても
大人を意識し始める年頃でしょうか?

このお話も、とても興味があります。

とはいえ、ウチの悩みは
子どもが『ウOチ・オOラ…』と言うのを
何時になったら卒業するの?というレベルです。

Posted by TOMOはは at 2005年05月20日 07:07
とっても楽しそうですね!!
朝、おうちでせかされて学校にやってくる子供はそれだけでストレスになっているんですものね。
踊ることで、そういうのを忘れてしまえますね。
Posted by レヴェランス at 2005年05月20日 08:43
去年の担任だった先生が2年の担任になっていて、6年の娘は2年生とじゃれあうその先生を見かけてはうらやましく感じているそうです。「子供みたい」と言ったその5年生もきっとうらやましいのでしょうね。
5,6年生になるとどうしても「上級生だから・・・」という指導をうけるので なかなか自分を解放できるほど踊り狂ったりできないのですよね、まだまだ子供でいたい時もあるのでしょうに。
Posted by ポケ at 2005年05月20日 09:32
みんなで歌ったり、踊ったりすると一体感ができるんですね。

私も教師をやっていた頃は、子ども達とともに狂って?率先して楽しんでいました。

すると、普段仲よくない子同士でも笑顔になって関係がよくなり、一石二鳥でした。

これからの教育は、親野先生のように踊り狂う先生が増えてほしいものです。(笑)
Posted by 山けん at 2005年05月20日 09:43
この踊り、私もスポーツ少年団の研修旅行でやったことがあります。体面なんて考えずに頭をからっぽにして思いっきりやると、ほんとにストレス解消になりますよね(子どもは母の狂態に引いておりましたが(^^;))。

ところで、『「親力」で決まる!』の本、Amazonに注文してずっと待っていたのですが、どこからも入荷できないのでキャンセルという残念な通知が届きました。
なんとかしてどこかから手に入れなければ。
Posted by YOH at 2005年05月20日 10:32
初めまして。
自分の友人のお嫁さんが、この夏に出産するのですが、旦那の方が不安がってよく電話してくるのですが自分も子供がいる訳でもないので返答に困っています・・・。
このような状況で、どのような言葉を返してよいかアドバイス頂きたいのですが?
Posted by TURU-W at 2005年05月20日 14:28
親力診断テストやってみました!
4択の中から答えを選んで、診断結果がわかるなんて・・・
自分が選んだ診断結果に納得し、他の答えに対する診断結果にうなずき・・・
とても参考になりました。
血液型占いのような感じで、おもしろく診断できました。
ブログも楽しく読ませていただいております!
Posted by ほらほら at 2005年05月20日 21:37
結構踊りって疲れるものですよね。ゆっくりしたヨガでも汗をかくらしいですからね。
しかし、先生と児童との対話はまったく噛みあってませんね。会話を受けて答えていないと言うか・・・
Posted by ぶにん at 2005年05月20日 22:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3761184
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

子どもの悩みごとシリーズ〓
Excerpt: 校長室の扉の前には、子どもが校長への手紙を入れるポストがあります。可愛い相談事が毎日いくつか寄せられます。子どもたちの悩みとは…?
Weblog: 小学校長のお仕事
Tracked: 2005-05-20 21:05
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。