2005年06月15日

あやとりに夢中です・・・1

このブログは「親力で決まる子供の将来」と連動しています。
http://www3.tokai.or.jp/keichan/

「先生、先生、見て、見て。パタンぼうきできたよ」
「はい〜、よくできました。パタンぼうきできましたね」


「やった〜!」
「はい、あやとり名人カードを出してください」

「サインもらえる?」
「はい。合格のサインもらえますよ」
「わ〜い、わ〜い!」

というわけで、生活科の時間や休み時間にあやとりで盛り上がっています。

私が作ったあやとり名人カードには、10個の技が書いてあります。
次の10個です。

パタンぼうき、輪抜き、富士山、蟹、雲とお月様、4段ばしご、はまぐり、花かご、ブランコ・糸巻き・トンボの連続技、もちつき(2人でやる技)

これらの技は適当に選んだのではなく、何年もの試行錯誤の上で選んであるのです。

主に次の2つの視点から選んであります。

初めての子でも、比較的簡単にできるもの。

できあがりかわいいか、きれいであるか、おもしろいか、または、動きがあるもの。

先生か友達に見てもらって、その技ができたらサインをもらいます。

ただし、友達に見てもらうときは、既にその技が合格している子でないとだめということにしてあります。

そして、10個の技が全部できたら、あやとり名人合格証がもらえるのです。

10個の技のやり方を書いたプリントをそれぞれの子に分けてあるので、子供たちは、それを見ながら練習しています。

黙々とプリントを見ながら1人で練習する子もいます。

でも、できる人に聞いた方が早いというわけで、友達に聞きまくる子もいます。

あやとりをやるとき、プリントを用意しないと、パニックになります。
それは、あやとりの技を人に教えるのは結構大変だからです。

やってみると分かると思いますが、1つの技を実演しながら何人かに教えるのは、なかなか骨が折れる仕事です。

「親指で1本押さえて、下から1本取ります」
「えっ?どれ、どれ?どれを取るの?」

「これだよ、これを下から取るんだよ」
「こう?」

「ちゃう、ちゃう、これだよ、これをとるんだよ」
「こう?」

「あっ、あっ、左も一緒にやるんだよ」
「あれっ、はずれちゃった」
「あちゃ〜」

こういうわけで、プリントを用意してある程度自分でやってもらうようにしないと、教える方がとても大変です。

大勢に来られると、パニックになってしまいます。

(続く)

読者増加を目指して、人気ブログランキングに参加しています。
ぜひ、清き1票をお願いいたします。
↓↓↓↓
http://blog.with2.net/link.php?77079


無料メールマガジン「親力で決まる子供の将来」
メルマガ大賞の「学校・教育」部門賞を受賞!!
家庭教育メルマガ最高の18000人達成。
http://www3.tokai.or.jp/keichan/

書籍「『親力』で決まる!」(宝島社)発売中。
http://tinyurl.com/5d4eo

まぐまぐのHPに親力診断テスト連載中。
http://jr.mag2.com/oyaryoku/index.htm
posted by 親野智可等 at 22:28| Comment(4) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あやとりも、なつかしいですね。

子供のころは“ひとりあや取り”もできたのに
今、やろうと思っても、なかなか手が動きません。

自分の知っていること話したいことを
人に伝えること…
その“トレーニング”(と言葉でいうと簡単ですが)

その基本というか原点を
あや取りを教え会う姿に感じました。

今ウチの子は、そのようなコミュニケーションなどを
学ぶべく通級指導教室に週1回通っています。

当たり前に、できるであろうと
思われていることかもしれませんが
今の子ども達をはじめとして
もしかしたら、大人の方たちにも
このコミュニケーションの力について
あらためて、考えてみる機会があっても
良いのかしら…とふと思いました。

実は、私自身が大人になってから
人と話すのが苦手と意識しましたし
つい最近になって、ようやく
『自分の言葉で自分らしく話せばいいんだ。』と気づいて
人とはなす事が苦にならなくなって
すこしづつですが、楽しくお話できるようになりました。



梅雨空に、日が差したり
色とりどりのあじさいの花を目にすると

曇りや雨も、また良いかしらと思いました…
Posted by TOMOはは at 2005年06月16日 07:28
2年生で、このトレーニングが出来ていれば
すごいですね。工夫もすばらしいです。

と感嘆して!! つい次のことを忘れそうでした。
 ↓ ↓ ↓
人気blogランキング
Posted by むらのかじや at 2005年06月16日 18:19
2年生でこのトレーニングが出来ていれば
すばらしいですね。工夫もすばらしいです。

と関心していて、次のことをつい忘れそう!!。
  ↓ ↓ ↓
 ブログランキング投票を!!
Posted by むらのかじや at 2005年06月16日 18:22
メルマガも本もかるたも
すごーくよかったです!!

子どもとかかわる毎日は不安のことも多いですが
一生懸命に自分と向き合うことのできる
ことのひとつですよね・・・・

子どもに「勉強しなさい」
と同じ、それ以上に
母は精神的にも知識的にも
学ばなくてはいけない・・・・
そう感じています。

毎日試行錯誤
自己嫌悪の繰り返しです!

トラバさせていただきました。
Posted by つなみ at 2005年06月16日 18:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4383599
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

自分で考えなさい!って言っていませんか?
Excerpt: 私が小学生の頃、 宿題をしていると母は 「お母さんの時代とやり方がわからないから学校で聞きなさい」 と言われていました。 父に 「これってこういうやり方でいいの?」 とやり方を聞いたら ..
Weblog: ダブルな子育て〜子供と一緒に成長中
Tracked: 2005-06-16 18:29
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。