2005年06月18日

メルマガの読者が18000人になりました

このブログは「親力で決まる子供の将来」と連動しています。
http://www3.tokai.or.jp/keichan/

メルマガ「親力で決まる子供の将来」の読者が、6月9日に18000人になりました。
学校基本調査によると、日本の小中学生の数は約1086万人です。
一軒当たりの子供の数が約2人くらいとすれば、543万家庭ということです。

18000という数字が543万の中でどのような数字かというと、次の式で計算できます。

1万8千÷543万=約0.003
つまり、0.3パーセントということになります。

でも、17000人のときも下の式のように、0.3パーセントでした。
1万7千÷543万=約0.003

1000人増えても、パーセントは変わりませんでした。

でも、5万人に読んでもらえば、1パーセントです。
10万人なら、2パーセントです。


道は遠いけどがんばります。

せっかく書くなら、できるだけ多くの人に読んでもらいたいと思います。

自分が教師として得た知識と理解を、できるだけ多くの人に伝えたいです。

杓子定規な教育論はもうたくさんです。
評論家的な教育論、もうたくさんです。

ステレオタイプ的な教育論、もうたくさんです。
紋切り型の教育論、もうたくさんです。

空理空論、机上の教育論、もうたくさんです。
みんな現場を知らなさすぎです。

私は、目の前の子供たちの現実の姿を直視しながら、書いていきたいです。

私は、私自身の実感を大切にしながら、正直に書いていきたいです。

そして、現実の奥にあるものに常に目を向けて考えていきたいです。

そして、常に物事の根本から考えていきたいです。

自分にできることをやるまでです。
やるぞ!!

このメルマガとブログに共感していただける方は、ぜひ、お知り合いに紹介してください。

「親力」を必要としている方が、あなたのすぐ隣にいるかも知れません。

読者増加を目指して、人気ブログランキングに参加しています。
ぜひ、清き1票をお願いいたします。

↓↓↓↓
http://blog.with2.net/link.php?77079

無料メールマガジン「親力で決まる子供の将来」
メルマガ大賞の「学校・教育」部門賞を受賞!!
家庭教育メルマガ最高の18000人達成。
http://www3.tokai.or.jp/keichan/

書籍「『親力』で決まる!」(宝島社)発売中。
http://tinyurl.com/5d4eo

まぐまぐのHPに親力診断テスト連載中。
http://jr.mag2.com/oyaryoku/index.htm
posted by 親野智可等 at 01:31| Comment(5) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
祝! 18000人
10万人の目標を目指しましょう。
子供たちが不安や心配の種を持たず
お父さん、お母さん、兄弟や家族と
ハッピーな家庭を

そうすれば、今世の中で起きている
悲惨な出来事もぐっと減ると思います。

Posted by むらのかじや at 2005年06月18日 17:30
18000人・・・すごいことです。
おめでとうございます!

>私自身の実感を大切にしながら

という言葉が嬉しいです。
育児書を読みながら、
「この著者ホントに自分の手で子どもを育てたのか?!」
と思うことがありましたから。

親野先生はご自分の手でたくさんの子ども達を育ててらっしゃるから、とても実感がこもった文が書けるのですね。

これからもがんばってください!
Posted by かなにゃん at 2005年06月18日 21:41
18000人は、す、すごいです。育児に関する興味がそれだけ関心が高い証拠ですね。毎日のブログが楽しみです。
Posted by Profit営業マン at 2005年06月18日 21:56
これからも、たくさんの方たちに
智可等先生のおっしゃる親力を発揮していただいて
子どもたちが生き生きとすごせるようにしたいですね。

そのために、毎日子どもと向き合いながら
発信し続けていらっしゃる先生を
心より尊敬しております。

くれぐれも、お身体をお大切に、ご活躍くださいませ。

私も、精一杯応援させていただきます!!
Posted by TOMOはは at 2005年06月18日 22:53
ワタシも杓子定規的、…机上の教育論、をたくさん聞いたり、読んだりしてきました。
親力に出会うまでウチの子どもにはぜんぜんあてはまらないことばかりでした。
そして教育論だけでなく杓子定規的、…机上の英語学習論はもうたくさん、と現場のようす、学習法をつたえたるメルマガを発信できたらなぁ、と思っています。
Posted by ミセスT at 2005年06月19日 02:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4432296
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

子供の英語学習のために リープフロッグのフォニックスバス
Excerpt: このごろ子供がNHKの英語番組「英語で遊ぼう」 とかワールドファミリーのお試しビデオとかで 英語の発音を真似しています。 単語だけだけど、発音は本物。 小さいうちに早く英語になじませないと..
Weblog: 安曇野便り
Tracked: 2005-06-18 21:33

お便り時空便(未来郵便) 〜未来に手紙やメッセージを送ろう!〜
Excerpt: タイムカプセル時空便倶楽部が提供する お便り時空便(未来郵便)とは、 未来の指定された配達日に、手紙をお届けするサービスです。 未来へ手紙を送る事ができたら、あなたは、誰に手紙を送りますか?  将来の..
Weblog: タイムカプセル時空便倶楽部
Tracked: 2005-06-18 21:41
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。