2005年06月25日

先生、何歳?

ランキングは、今、何位かな?
↓↓↓↓
http://blog.with2.net/link.php?77079

給食中の、ある班の子供たちの会話です。
「あたし、今日から8歳なんだ」


「お誕生日なの?おめでとう」
「俺なんかまだ7歳。しかも、3月に7歳になったばっかり」
「あたしなんか、もう4月から8歳だもんね」

「うちのお母さんなんて、32歳だよ」
「うちは、え〜と、分から〜ん」

「おれっちお母さん、39歳だよ」
「あたしんちお母さんは、29歳だって」
「ふ〜ん。10歳違うね」

その中のある子が、とことことやってきて言いました。
「先生、先生、先生は何歳なの?」
「47歳です」
「うわ〜!」
「・・・」


そして、班に戻っていきました。
「ねえ、ねえ、みんな、聞いて、聞いて、先生47だって」

「ええ〜!?」
「うわ〜!」
「うぎゃ〜!」

そして、また戻ってきて言いました。
「先生、よく本当の年を言うね。みんな驚いてるよ」
「・・・」

「○○先生なんか、いつも、18で〜すって言ってたよ。」
「へえ、そうなの?」

「幼稚園の□□先生は、15歳って言ってたよ。」
「若いね〜」

「先生も、17ですって言えば」
「・・・」

「そうすれば、みんな安心するよ」

読者増加を目指して、人気ブログランキングに参加しています。
ぜひ、清き1票をお願いいたします。
↓↓↓↓
http://blog.with2.net/link.php?77079


無料メールマガジン「親力で決まる子供の将来」は、
メルマガ大賞の「学校・教育」部門賞を受賞!!しました。
家庭教育メルマガ最高の18000人達成。
http://www3.tokai.or.jp/keichan/

書籍「『親力』で決まる!」(宝島社)発売中。
http://tinyurl.com/5d4eo

まぐまぐのHPに親力診断テスト連載中。
http://jr.mag2.com/oyaryoku/index.htm


posted by 親野智可等 at 01:14| Comment(6) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
親野先生、いつもありがとうございます♪
思わず小学校時代を思い出しました(笑)

親の年齢の話も良くしていました♪
また遊びに来ます☆

ありがとうございます♪
Posted by 日刊!大塚慎吾の『人生のサプリ♪』 at 2005年06月25日 02:39
あらっ??

なぜ、17歳だと安心なのでしょうか?

そのあたりの、子どもの感性が
最近良くわからずに、つい考えてしまう“はは”です。

実は智可等先生と同学年の私ですが
“親年齢”というのがあるとすれば
まだ7歳と8ヶ月なので
その意味では、大きなお子さんのいる
先輩のお母さんのおはなしは、ほんとうに参考になります。

今年は、PTAの役員をしているので
いろいろなお母さんとお話する機会も増えました。

まだ新米なので、“出る杭は打たれる”・・?かと
大きな声で“親力”を宣伝できずにいる私ですが
身近なところから、着実に!!と思っています。

今気になっているのは
母親どうしの井戸端会議が、子育てに悩む母親の
良い意味での“セルフ・サポートグループ”になれば…ということです。

ただ“負の連鎖”というか
親の不信感を増幅するような危険性もあるので
(校長先生のお仕事で聞いてはおりましたが、
“声の大きな、ベテランのお母さん”の発言や
若い先生に対するお気持ちなどを耳にすると
実際になるほど!と思いました。)

“縁の下”でもよいので
きちんとした方向性と
コーチングのような考え方のできる人がいらしたら
とてもありがたいなあ…と想っています。

話が、飛びましたが
漫画のおはなしで気になっていたことがあります。

私は、もちろん
「巨人の星」「アタックNo.1」「エースをねらえ!」など
昔のを、リアルタイムで見ていた世代ですが
20代・30代前半の親の方たちにとっての
流行りのアニメや漫画って、何かしら?
時代によって傾向など違っているのでは…
それって、子どもの時の影響って大きいかも…
とふと思いました。


Posted by TOMOはは at 2005年06月25日 05:54
TOMOははさん、
漫画はわたしもリアルタイム組です。

娘と一緒に少し前、ドラマ「エースをねらえ!」を見てましたが、テニスにのめりこむことはなく、
今度はドラマ「アタックNo.1」を見たところ、学校のクラブ活動は
『ソフトバレー』をしっかり選んでました。

今日も地域のスポーツ大会(誰でも気軽に参加OKの)で
ソフトバレーもやってるからといって、出かけていきました。

ほんと、
子どもって
何がきっかけになるか
わかりませんね。

できるだけ、多くのことに触れるchanceだけは
作ってあげたいです。



Posted by ann at 2005年06月25日 11:02
初めて書き込みさせてもらいます。

タイトルに興味を持って、思わずクリックして続きを読んじゃいました。
私も以前に幼稚園に勤めていましたがよく「先生、何歳?」ときかれたものです。
とっても懐かしくなりました。

私は・・・とゆうといつもハタチぐらいでごまかしていましたが(笑)
子どもはなぜか若い年を言った方が盛り上がるんですよね。何ででしょう。



Posted by miimama at 2005年06月25日 11:21
わたしは、先生のように正直ではないので、子供の年齢といつも同じなのですよ。母になって何年なのです。だから、現在8歳なのです。若いでしょ!主人は、私より一つ上なので9歳でしたが、誕生日が来て10歳になりました。晩生の娘は、たいして疑問を持たずそのまま受け入れています。それも心配でしょうか・・・
Posted by masa at 2005年06月25日 13:53
とても可愛い&面白い話しでした。
笑えました(^−^)

私に二歳半の娘が居ます。そのうちクラスで同じような事言われるかな?と思うとドキドキです。

また遊びに来ます☆

有難うございます
Posted by nono at 2005年06月28日 11:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

人気ブログを研究しよう!!
Excerpt: 皆さん、ありがとうございます!!m(__)m なんと、人気blogランキングのWebサイト・CGI部門で13位になりました!! 良かったら皆さんも確認してください→、人気blogランキング ..
Weblog: 得する!?インターネットマニアへの道
Tracked: 2005-06-25 02:44

やっと なーちゃんにも歯がはえた。
Excerpt: やっとなーちゃんにも小さな歯が1本生えました。 いやーほんとによかった。 みーちゃんはちなみに2ヶ月前には歯が生えていたので少し心配でした。 ほっと一安心。 双子でも成長の度合いはばらばら..
Weblog: 双子の日記
Tracked: 2005-06-25 07:57
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。