2005年07月19日

「ミュートハドーノユーシャルカリオ」て、何?

ランキングは、今、何位かな?
↓↓↓↓
http://blog.with2.net/link.php?77079

今日は、「ミュートハドーノユーシャルカリオ」というのに悩まされました。
ある子が、「ミュートハドーノユーシャルカリオ」というのを見に行ったと言いましたが、意味がさっぱり分かりませんでした。

意味が分からないどころか、聞き取ることすらできませんでした。
質問しても、子供たちは早口で言うので、全然聞き取れません。

「ミルトハドーノーシャカリオン」て、何?
「ミュートハドーノユーシャルカリオ」だよ。

「はっ???」
「ミュートハドーノユーシャルカリオ」だよ。

「もう一度ゆっくり言ってみて」
「ミュウと波動の勇者 ルカリオ 」

子供は、なんで分からないの?という感じでこちらを見ています。

「ミルト」って、何を見るの?
「ミルト」じゃなくて、「ミュート」だよ。

「ミュート」って、何?
「ミュウと波動の勇者」だよ。

「ハドーノユーシャ」?
「・・・」

「ミュウと波動の勇者 ルカリオ 」というのが映画の名前だと知るまでに、相当の時間がかかりました。


読者増加を目指して、人気ブログランキングに参加しています。
ぜひ、清き1票をお願いいたします。
↓↓↓↓
http://blog.with2.net/link.php?77079

星座かるた
↓↓↓↓
http://www.rakuben.com/

無料メールマガジン「親力で決まる子供の将来」は、
メルマガ大賞の「学校・教育」部門賞を受賞!!しました。
家庭教育メルマガ最高の18000人達成。
http://www3.tokai.or.jp/keichan/

posted by 親野智可等 at 23:43| Comment(8) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ポケモン映画は子どもたちに大人気のようですね。ところで、先日「親力」の本を楽天ブックスで注文したら品切れでした。早く読まなきゃ、第2弾が出てしまいますね。楽しみにしています。
Posted by 真夏のすいか at 2005年07月20日 00:03
笑、笑、笑、こういう場面想像がつきます。
中には「さ行」の発音が曖昧な幼児期のお子さんの早口はかなり大変ですね。
それに自分が話題性に乏しい時はもっと悲惨な結末に。。。
第2弾楽しみです♪
Posted by at 2005年07月20日 01:16
こどもに英語を教える時にとっても大切なことの1つに「はやりのキャラクターを覚えておく」ということがあります。
マジレンジャーって?プリキュアって?から始まって、デュエル?パワプロ?ごくせん?(もう古いな)となります。
ウチの子どもたちがまだ小さいのでしばらくはOKですが、こんなことも勉強しないとやっていけませんね。
Posted by ミセスT at 2005年07月20日 02:00
「ミュウと波動の勇者」 
きょう、というか19日(火)にちょうど子供といっしょに見に行ってきたところです。火曜はレディスデイで女性1000円だから。
 子供のおかげで?!ポケモンの名前100個以上覚えました。2年前はウルトラマンと怪獣の名前でしたが…笑。ウルトラマンは自分が子供のころ見ていたので、まだわかるのですが、ポケモンはむずかしいです。子ども達は自分の興味のあるものだったら、すらすら覚えるのですね。
 子供がいると、大人だけでは出会えないものに会うことができて、面白いですね。
Posted by tabaneko at 2005年07月20日 03:53
 私も先生のブログで考えました。
 漢字で読むのと、カタカナで書かれるのでは、受け取り方がかわりますよね。息子も18日に見てきました。
ブログにも書いてありますよ。暇が出来たら、覗いてくださいな。
Posted by Tです at 2005年07月20日 08:49
ポケモンの映画、もう見ていらしたんですか?!

ウチの子も、もちろん見たいと言っております。

ただ、今、普段からTVやVTRばかり見てしまい
生活リズムも乱れている状態なので

「夏休みの宿題が、ある程度できたら、行こう!」
と言っています。

親が、TVの主導権を持っているのが当たり前なのでしょうが

もちろんそうできない親にも問題はありますし
子どもにも、切り替えのしにくさや
当たり前の事の、理解のしにくいところがあり
なかなか思うようにいきません。

親力診断テストにもあったように
本人が、納得する事も大事で
自分で、最後は決定して欲しいのですが

最後の手段「TVを、捨ててしまう!」しかないのかと
悩んでいます…

楽しい夏休みにしたいけど

親としては、なかなか思うようにいかないこともあります…
Posted by TOMOはは at 2005年07月20日 19:06
はじめまして。

先生と子どもたちのやり取りが目に浮かびました^^。

私も小2の娘と見てきました。劇場は満席。

ポケモンが出てきたら、「あ、ルカリオだ」「マネネ」「ミュウだ」と、何処からともなく子どもたちの解説が入るんですよ(笑)
Posted by まりもも at 2005年07月21日 01:30
「ミュートハドーノユーシャルカリオ」
と書いてあるのを見ていて

むらのかじやさんが

“私自身の知的?生産の技術の原点です。”
とおっしゃっていらした「知的生産の技術」を
ななめ読みしていて気づいたことがあります。

(昭和40年代に書かれた本なのに
今読んでも、とても面白いことが書かれていますね。)

ローマ字で手紙など
書いていらした、と言うのが驚きでしたが

今、ローマ字入力をしながら
文章を書いている(?)というのも
脳の複雑な機能とPCの協働作業なのでしょうか?

ところで、ウチの子は、いろいろな指示を出したりすると

よく“フリーズ”してしまいます。

素人考えでも
脳の働きとPCは、共通していると思いますが

もちろん、人間の脳の未知なる力にも
とても興味があります。

学習障害で、文節をきることができなくて
読むことが困難になるというのを思い出しました。

また、話が飛んでしまいましたか…?
Posted by TOMOはは at 2005年07月21日 05:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5208551
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

幼児虐待について考えました。1
Excerpt: お邪魔します。「虐待について」良かったら読んでみて下さい♪
Weblog: 二足のワラジ★仕事と育児奮闘中!
Tracked: 2005-07-20 09:55
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。