2005年07月29日

夏休みの第1日目

ランキングは、今、何位かな?
↓↓↓↓
http://blog.with2.net/link.php?77079

今日は、8時30分から陸上練習がありました。

市の大会に備えて、夏休みの最初、しばらくの間毎朝6年生が陸上の練習をします。

私は幅跳びの指導担当の1人です。
まず、砂場の準備をK先生としました。

K先生が耕耘機で砂場を掘り起こし、私が箒で助走路を掃きまくりました。

その後、砂場の木の枠に数字を書きました。

それは、子供が跳び終わったとき、踏み切り板から何メートル跳んだかがすぐに分かるようにするためです。

作業中に、背中と首がじりじり焼けていくのが分かりました。
いかにも、「夏!」という感じです。

「あち〜!」

その後、私はプール監督をやることになっていました。

それで、陸上練習は他の先生たちに任せて、9時くらいにプールに行きました。

プールサイドに立ってみると、ますます暑さを感じました。

しかも、すごくまぶしいので、車の中に置いてあったサングラスを取りに行きました。

その後、UVカットを顔に塗りました。

今日は、暑いので、すご〜くたさんの子供たちが来ました。
大盛況です。

おかげでプール監督の2人は大忙しです。

途中から来た子に準備運動をやらせ、プールカードに判子を打ち、走っている子を注意し、危ないことをしている子を注意し、ビート板の整理をし・・・

子供たちは、歓声を上げ、水しぶきを上げて楽しそうです。

「夏だな〜!」
「いい感じだな〜」

「水しぶきがきれいだな〜」
「子供は元気だな〜」

子供は元気いっぱいですが、こちらは11時半にプールが終わる頃には、かなり消耗してました。

おまけに、体中が熱で火照っていました。

更衣室で扇風機の風を浴びてから、シーブリーズを塗りたくりました。

「エビバデクー」なんて言いながら。

M先生に洗顔石鹸を借りて、UVカットを落としました。

その後、お弁当を食べました。
その後、和室で15分仮眠しました。

午後からは、保護者面談です。
今日は、10人です。

1人当たり、だいたい15分くらいです。
4時40分くらいに終わりました。

帰りに、ドラッグストアでだ〜い好きな「こんにゃくばたけ」を大量に買いました。

夜、家で、夕食を食べてすぐ寝ました。

また、もぞもぞ起きて、メールチェックをしてから、親力診断テストを作りました。

お腹が空いたので、「こんにゃくばたけ」を10個食べました。
それで、ブログを書き始めたというわけです。

充実しまくってます。

読者増加を目指して、人気ブログランキングに参加しています。
ぜひ、清き1票をお願いいたします。
↓↓↓↓
http://blog.with2.net/link.php?77079


無料メールマガジン「親力で決まる子供の将来」は、
メルマガ大賞の「学校・教育」部門賞を受賞!!しました。
家庭教育メルマガ最高の19000人達成。
http://www.oyaryoku.jp
posted by 親野智可等 at 01:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この暑さの中、智可等先生が
ほんとうにハードな1日をお過ごしなので
びっくりしています!!

蒸し暑い教室での保護者面談は
親は15分くらいでも、先生はずーっとですもの。

「充実しまくってます。」とおっしゃる先生のパワーを
私にも、分けてください!!

ところで、「こんにゃくばたけ」は
なに味がお好きなんでしょうか?
(べつにお送りするつもりではありませんが…)

なんだかコメントが、すっかり私信になってしまいました。

スミマセン…
Posted by TOMOはは at 2005年07月29日 09:43
キャンプを無事終えた子どもを迎えて
先程、帰ってきました。

ドラム缶風呂、カレー作り、キャンプファイヤー
川遊びや釣り、と盛りだくさんに楽しめたようです。

ただ、本人からは、荷物が重かったこと
がんばって歩いたことなど、
断片的にしか、ことばにはなりませんが

経験した事は、彼の中にきっと
確かに、残っているのでしょうね。

大村はまさんのご本の中にも
“一人ひとりの子どもの性質、向き”があって
話し合いで、すぐ発言できる子と、なかなかできない子がいて

「話し合いは聞きあいである」ことから
黙っている時は聞く学習をしている大切な場で
参加していないのではなく、聞いて考えて十分学習している…

と、とらえる広い見方に、とても感じ入りました。

ところで、昨日の新聞に
8月10日に横浜で、大村はまさんをしのぶ「記念の会」が
開かれると書かれていました。

今、一人一人の子どもを見つめた教育をがのぞまれていますが
ずっと前に、それを実践していらした大村はま先生の素晴らしさが
多くの方の心を、呼び覚ましているのかもしれません。






Posted by TOMOはは at 2005年07月29日 19:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5440024
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。