2005年08月19日

[ ベネッセの「チャレンジ通信」に載りました

拙著第2弾「『プロ親』になる!」が予約受付中です。
http://tinyurl.com/a226e

病院で診察を受けました。
帯状疱疹は、ほぼいいようです。


でも、それが終わった後、しばらく神経痛が出る場合があるそうです。

なんとなく、お腹の辺りに違和感があるのはそのせいのようです。

しばらく、別の薬を飲むことになりました。

ベネッセの「チャレンジ」をやっている子の保護者に配られる、「チャレンジ通信」の1年生と2年生の見本が数日前に届きました。

1学期に取材をされた内容が、記事になって出ています。

1年生用の方のタイトルは、「夏休み明けを快適にスタートさせる『シャキッと』6か条」です。

2年生用の方は「休み明け まったり9月をシャキッと9月に!」です。

夏休み明けに、快適なスタートを切るためのコツを紹介しています。

内容に合わせた4コマ漫画が、なかなか面白いです。

漫画にすると、記憶に残っていいですね。

者増加を目指して、人気ブログランキングに参加しています。
ぜひ、清き1票をお願いいたします。
↓↓↓↓
http://blog.with2.net/link.php?77079


星座かるた
↓↓↓↓
http://www.rakuben.com/

無料メールマガジン「親力で決まる子供の将来」は、
メルマガ大賞の「学校・教育」部門賞を受賞!!しました。
家庭教育メルマガ最高の20000人達成。
http://www.oyaryoku.jp/

posted by 親野智可等 at 23:34| Comment(4) | TrackBack(0) | プレゼンテーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
帯状疱疹、落ち着いてきて良かったですね。

最近の治療は進んでいるので、どうかわかりませんが

私の時は、症状が完治しても
ウィルスが体内に残って、また抵抗力の低下などによって
発症する事があると聞きました。

お大事になさってくださいね!

さて、ベネッセの「チャレンジ」を
“やっている”のではなく“とっていて、読んでいるだけ”

の我が家ですが、智可等先生の記事を楽しみにしています!

親力を一生懸命考えているのに

子どもは、“宿題や勉強がイヤ。嫌いなもの”
という意識になってしまっているようで

私が、そんなにうるさく言っていたのかしらと反省しつつも
新たな作戦をもとめて、あれこれ考え中です。

まあ、そんな親の思いとは別の世界に
子どもは住んでいるのかもしれない…ということにも
最近気づきました。

ところで、2年生の山場といえるかどうか

“九九”についてですが

「3かける5」と「5かける3」の違いを
なかなか、すんなり理解してくれません。

単位が前に付いているほうが、答えの単位だとか

これでもいろいろ説明しているのですが…

彼の特徴の、当たり前のルールを
素直には(何も考えずに)受けいれられない…

自分なりの納得や気づきによって、理解するという

頑固さへの対応は、
ほんとうになかなかたいへんなのです…

あまり、皆さんには興味のない(かもしれない)
お話になってしまってスミマセン…

先生!!

何か、良い手立てはないでしょうか?
Posted by TOMOはは at 2005年08月20日 07:39
Posted by at 2005年08月20日 11:50
TOMOははさんの気持ち、よーくわかります!
ウチの娘も、掛け算では苦労しました。
九九はすんなり覚えても、その辺の文章の問題になったときに、「3X5]でも「5X3]でも、答えが同じだから、式が間違えてるはずが無い!!と、当時2年の娘は言い切りましたよ。

やはり、20日の親野先生の記事のような教え方が良いと、当時の担任の先生が教えてくださり、一生懸命絵に描いたり、おはじきなどを使って、教えたものでした。

学校でも、先生達が同じように教えてくださってるようですが、なかなかその辺の違いが、子供には難しいのか、何回も何回も教えましたよ。

今は中学生の娘ですが、もうその辺は当たり前のように、分かっています。

なんだか、懐かしく思い出されます。
Posted by T at 2005年08月20日 23:59
智可等先生、お答えくださって
ほんとうにありがとうございました!!

Tさん、お嬢さんのお話をしていただいて
「うちの子だけでは、ないんだ。」
「くり返し、何回も何回もやってみよう!」

と励まされました。ありがとうございます。

そうですよね。

子どもの成長ということが、わかってきているつもりなのに

すぐに、結果を求めてしまったり
できる・できないにとらわれてしまう…

やはり、今までの自分の考え方や身についたやり方に
縛られているのでしょうか?

少なくとも、私は子どもとのかかわりの中で
自分の価値観を、問い直す作業をしているような気がしています…

もちろん、いろいろな価値観があってそれはそれで
きっとみんな素敵なのでしょうし
それぞれが、輝けることが一番ですね。

…何を伝えようとしているのか

今、あれこれ混沌とした宇宙にいるようです…


今日は、本当にきれいな満月なので
ちょっと、“そら”でもながめてきます!
Posted by TOMOはは at 2005年08月21日 00:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6055172
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。