2005年08月22日

東海テレビに生出演しました

拙著第2弾「『プロ親』になる!」が予約受付中です。
http://tinyurl.com/a226e

今朝は5時起きでした。
朝ご飯を食べて身支度をして出発!


在来線で静岡に向かう最中に、今日の流れを書いた企画案を読み、一応頭に入れました。

静岡から新幹線に乗りましたが、乗った途端に眠くなりました。

ところで、先日、ある講演会で、新幹線の中で眠ってしまい60分遅刻してしまった講師の方がいらっしゃいました。

なんだか、自分もいつかやりそうな・・・
と、そのとき思いました。

それを思い出したので、寝入る前に携帯電話のアラームをセットしました。

アイマスクを取りだして、準備万端です。

40分くらい寝て、起きたときは気分爽快でした。

名古屋の東海テレビについたのは8時20分くらいでした。

美人のADさんが迎えてくれました。

その後、担当のディレクターさんと簡単な打ち合わせをしました。

拙著の紹介ビデオなど、いろいろ用意してくれてあり、感激しました。

少し休憩してからリハーサルです。

スタジオには大勢のスタッフがいて、リハーサルの真っ最中です。

スタジオの隅で、マイクをつけてもらい、ドーランを塗ってもらいました。

いよいよ、リハーサルです。

落ち着いていたつもりでしたが、途中で、司会の人からの質問にしどろもどろになってしまいました。

頭が真っ白状態になりました。

それで、周りの出演者の方々が代わりにしゃべってくれました。

不安の残るリハーサルでした。

「まあ、いいや、本番に強いタイプだから」
と、私は例によって、土壇場力に頼ることにしました。

でも、ディレクターさんは不安だったでしょうね。

控え室に戻って、質問としゃべる内容を再確認しました。

さっきうまくできなかったところを、チェックしました。

「これで大丈夫」
と、後は開き直ってリラックスすることにしました。

読者増加を目指して、人気ブログランキングに参加しています。
ぜひ、清き1票をお願いいたします。
↓↓↓↓
http://blog.with2.net/link.php?77079


星座かるた
↓↓↓↓
http://www.rakuben.com/

無料メールマガジン「親力で決まる子供の将来」は、
メルマガ大賞の「学校・教育」部門賞を受賞!!しました。
家庭教育メルマガ最高の20000人達成。
http://www.oyaryoku.jp/
posted by 親野智可等 at 17:06| Comment(9) | TrackBack(0) | プレゼンテーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。

う〜ん 東海テレビですかあ

その番組、他の地方でも見れるといいのですが… どの系列なんだろう
日本TV、フジTV、TBS…
Posted by princip at 2005年08月23日 03:27
ピーカンテレビ見ました。
Posted by 陸☆ at 2005年08月23日 10:26
朝寝坊の子どもが、やっと起きてきました。

新学期に向けて、生活リズムを整えよう!と思いつつ
2度3度言っても動かないと
私の方が、PCに逃げてしまう…という悪(?)循環からの
何か良い発想の転換はないでしょうか?

まぁ、それはさておき、princip先生のところにも書きましたが
昨日の(8月22日付け)日経新聞の一面の記事に

“ネットと文明” 時代進める「知の修練場」とあり

内容も、いろいろな分野について書かれていて
とても興味深い記事でした。

福沢諭吉の
「一国文明の有り様は その国民一般の智徳を見て知るべし」

という言葉が、最後に引用されていました。

むらのかじやさんもご覧になって
きっと、いろいろお感じなのではないしらかと思い
お話うかがってみたくて、ここにコメントいたしました。

お元気でいらっしゃいますか?
Posted by TOMOはは at 2005年08月23日 10:34
やっぱり!!

むらのかじやさんも、お読みになっていらしたのですね。

今、今日配信のメルマガを読んだら
記事のことが書いてありました。

私も、ささやかな気持ちや想いですが
多くの人の目にふれることは意識して
言葉を使っていきたいと、あらためて思っています。
Posted by TOMOはは at 2005年08月23日 12:36
TOMOはは さん

「ネットと文明」戦国時代や産業革命や明治維新や色々な時代の変化の時に、その流れの中にいるとき人は、
その大きな流れを感じることは出来ないのだと思います。

しかし、今はもっと大きな人類が生まれてから
一番大きな変化の時期に生きているのかもしれ
ません。そんな感じを持っている人も多いと
思います。

そうした中でも大切なものを「親力」では、かたっておられるのですね。

TOMOはは さんと同じ記事を読み同じように感じていました。

感激。(感涙! です。
Posted by むらのかじや at 2005年08月25日 22:39
TOMOはは さん

「ネットと文明」戦国時代や産業革命や明治維新や色々な時代の変化の時に、その流れの中にいるとき人は、
その大きな流れを感じることは出来ないのだと思います。

しかし、今はもっと大きな人類が生まれてから
一番大きな変化の時期に生きているのかもしれ
ません。そんな感じを持っている人も多いと
思います。

そうした中でも大切なものを「親力」では、かたっておられるのですね。

TOMOはは さんと同じ記事を読み同じように感じていました。

感激。(感涙! です。
Posted by むらのかじや at 2005年08月25日 22:40
TOMOはは さん

「ネットと文明」戦国時代や産業革命や明治維新や色々な時代の変化の時に、その流れの中にいるとき人は、
その大きな流れを感じることは出来ないのだと思います。

しかし、今はもっと大きな人類が生まれてから
一番大きな変化の時期に生きているのかもしれ
ません。そんな感じを持っている人も多いと
思います。

そうした中でも大切なものを「親力」では、かたっておられるのですね。

TOMOはは さんと同じ記事を読み同じように感じていました。

感激。(感涙! です。
Posted by むらのかじや at 2005年08月25日 22:41
TOMOはは さん

「ネットと文明」戦国時代や産業革命や明治維新や色々な時代の変化の時に、その流れの中にいるとき人は、
その大きな流れを感じることは出来ないのだと思います。

しかし、今はもっと大きな人類が生まれてから
一番大きな変化の時期に生きているのかもしれ
ません。そんな感じを持っている人も多いと
思います。

そうした中でも大切なものを「親力」では、かたっておられるのですね。

TOMOはは さんと同じ記事を読み同じように感じていました。

感激。(感涙! です。
Posted by むらのかじや at 2005年08月25日 22:42
ゴメンナサイ。
中々繁栄されないので、何度も「書き込む」を
おしたら。いくつも入ってしまいました。
もし出来ましたら削除してください。
よろしく。
Posted by むらのかじや at 2005年08月25日 22:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。